英宝社『<終わり>への遡行―ポストコロニアリズムの歴史と使命』

【送料無料】「終わり」への遡行

【送料無料】「終わり」への遡行
価格:3,570円(税込、送料別)

編著者 秦邦生
    中井亜佐子
    富山太佳夫
    溝口昭子
    早川敦子

規格 46判/320頁/定価3,570円 ISBN 978-4-269-71036-5
ジャンル アメリカ関連
発行日 2012/3/20



Amazonで購入
bk1で購入
livedoorブックスで購入

紀伊國屋書店BookWebで購入
楽天ブックスで購入




ポストコロニアリズムは「終わった」のか?

現代のグローバリゼーションに向き合う文学、歴史、批評理論、翻訳論の多彩な視点から、ポストコロニアル研究の再構築を試みる。
人文学の未来を切り拓く十一の思索。

◆書籍内容

序−ポストコリニアリズムの「終わり」に向かって・・・・・・・・秦 邦生、中井 亜佐子
T 抵抗と歴史と抵抗
  1 黒い影、帝国の影・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・富山 太佳夫
  2 トロロープと西インド諸島・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・香山 はるの
  3 痕跡と抵抗・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・吉田 裕
  4 「世界の中心」から「兄弟愛」を叫ぶ・・・・・・・・・・・・・溝口 昭子
U 帝国の衰退と存続
  5 『カヴァルケード』と愛国心・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・増田 珠子
  6 トリニダードのデレク・ウォルコットと「国民演劇」・・・松田 千穂子
  7 捏造されたマイヨット・カペシア・・・・・・・・・・・・・・・・・齋藤 みどり
V 移動、越境、故国喪失
  8 自分について語ること・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・西 亮太
  9 理論は旅をする・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中井 亜佐子
 10 カシミールのラシュディ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・秦 邦生
 11 他者を語る試み・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・早川 敦子
多様な「声」への応答−あとがきに代えて・・・・・・・・・・・・・早川 敦子






セブンネットショッピング Honya Club.com あなたにお届け 大切な一冊 ブックサービス ブックオフオンライン【PC・携帯共通】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。