英宝社『アメリカ三つの顔』



アメリカ三つの顔

赤祖父 哲二 著
ISBN:978-4-269-74027-3
定価(本体2,300円+税)
46判/312頁


アメリカ神話を暴く
アメリカは日本と同じく十九世紀中葉に英仏より遅れた急増の「できちゃった」国家であり、今は近代の宿命と覇権の重荷からの脱皮に苦しんでいる。
協調と平和の未来を展望しよう。
もっと詳しく

英宝社『文学と戦争 英米文学の視点から』



文学と戦争 英米文学の視点から

文学と評論社 編
ISBN:978-4-269-75031-9
定価(本体3,200円+税)
A5判/240頁

<書籍内容 Contents>

まえがき 村田辰夫

1 十八世紀以前

中世の「戦う人」 ーチョーサーの「騎士の話」よりー
石野はるみ

戦争の抑止力となるユーモア感覚 ーシェイクスピアに学ぶー
須賀昭代

シェイクスピアの軍隊
上村幸弘

火薬陰謀事件とシェイクスピア ー『マクベス』を中心としてー
鈴木豊子

もっと詳しく

英宝社『<アンチ>エイジングと英米文学




<アンチ>エイジングと英米文学

橘 幸子/森本道孝/市橋孝道/関 良子/服部典之 著
ISBN:978-4-269-75030-2
定価(本体1,900円+税)
46判/176頁


<アンチ>エイジングの功罪
近代英米文学作品の根底に脈々と流れるエイジングとアンチエイジングの感覚を鋭くえぐり出す!新進気鋭の英米文学研究者による書き下ろし論考。
フィッツジェラルド、アーサー・ミラー、ディケンズ、ロセッティ、フィリップス夫人。
もっと詳しく

英宝社『ヴィクトリア朝の歴史小説』

ヴィクトリア朝の歴史小説.jpg
ヴィクトリア朝の歴史小説

ヴィクトリア朝の歴史小説

アンドルー・サンダーズ 著 森道子・米本弘一・稲積包昭 訳
ISBN:978-4-269-82037-1
定価(本体3,600円+税)
46判/400頁
翻訳

十九世紀イギリス歴史小説の系譜
ディケンズ、サッカリー、ハーディなど19世紀イギリスの主要な小説家による歴史小説の流れを概観し、ウォルター・スコット以後の歴史小説の発展のあとをたどる。
もっと詳しく

英宝社『ロマンスの迷宮ーホーソーンに迫る15のまなざしー』



ロマンスの迷宮ーホーソーンに迫る15のまなざしー

日本ナサニエル・ホーソーン協会九州支部研究会
ISBN:978-4-269-74026-6
定価(本体3,200円+税)
46判/320頁

九州支部の研究成果15編
ホーソーンのロマンス世界への多元的な旅
15のまなざしがロマンスの迷宮を照らし出し、ホーソーン文学に鋭く迫る!
…魔じゅつ 家庭 げい術 子ども 無イシキ 言ご 毒やく 科学…
日本ナサニエル・ホーソーン協会九州支部研究会が13年間の研究活動を総括し、新たな活動の出発点として編集した論文集
もっと詳しく

英宝社『オーガスタス・カープ伝』



オーガスタス・カープ伝

ヘンリー・H・バシュフォード 作 / 子安雅博 訳

ISBN:978-4-269-82036-4
定価(本体2,200+税)
46判/288頁
翻訳

英国ユーモア小説の秀作
ウッドハウスにも劣らない上質な笑い。
20世紀中頃、国王ジョージ六世の名誉内科医まで務めた作者が、英国人独特のユーモアとウィットを織り交ぜて創造した抱腹絶倒の世界。
もっと詳しく

英宝社『謎解きのことば学』

謎解き.jpg
謎解きのことば学―アガサ・クリスティの英語を楽しむ

謎解きのことば学
ーアガサ・クリスティの英語を楽しむー

稲木昭子 著
ISBN:978-4-269-77048-5
定価:本体2,000円+税
A5判/152頁

<書籍内容>
はしがき

第1章 <誘導>の文体論 ーエコー発話と極性一致の付加疑問文ー

第2章 謎解きのことば学 ー断定をさけるテクニックー

第3章 推理小説とモダリティ

第4章 発話動詞と共起する-ly副詞 ー誤誘導のテクニックー

第5章 推理小説における発話と思考の表出

第6章 人称代名詞と作家のフェアネス

終章

参考文献

英宝社『英国世紀末文化とオスカー・ワイルド』



英国世紀末文化とオスカー・ワイルド

新谷 好 著
ISBN:978-4-269-72125-8
定価:本体3,600円+税
46判/376頁

世紀末ワイルドの素顔
英国世紀末のあだ花と言われたオスカー・ワイルドの文芸と人生…。
彼と同時代の作家、画家、女優に焦点を絞り、道徳観、女性観、唯美主義、ジャポニスムの視点から世紀末芸術家ワイルドの素顔に迫る。
もっと詳しく

英宝社『聖書英語の研究』



聖書英語の研究
欽定英訳聖書の身体語彙を用いた表現

盛田義彦 著
ISBN:978-4-269-77047-8
定価:本体2,800円+税
A5判/260頁

<書籍内容 contents>

まえがき
聖書各書の略号

序章 英語訳聖書
1. 欽定英訳聖書以前の英語訳聖書
 1. 古英語訳聖書
 2. 中英語訳聖書
 3. 初期近代英語訳聖書
2. 現代英語訳聖書
3. 欽定英訳聖書の作成過程もっと詳しく

英宝社『五十嵐博久論文』

978-4-269-72124-1.jpg
Comic Madness、or Tragic Myster―The Loss of Comic Features and the Inven

五十嵐博久論文
Comic Madness, or Tragic Mystery, That is the Question
The Loss of Comic Features and the Invention of the Tragic Mystery in Shakespeare's Hamlet

五十嵐博久 著

ISBN:978-4-269-72124-1
定価:本体3,400円+税
A5判/200頁
英文

‘ To the eyes of Elizabethan audiences, Hamlet probably did not appear to be a tragic hero in a neoclassical sense. His tantalising psychology and its relation to the play's catastrophic ending may not have mattered so much to them as it mattered to critics of the late-eighteenth century.... We need to bear in mind that, when we think of Hamlet's psychological mystery, we may also be looking at the image of the character which modern imaginations have construed from what may be the traces of Shakespeare's second thought about Hamlet. In other words, we might argue that modern editors, critics, scholars and actors have all collaborated with Shakespeare in revising the character of Hamlet for posterity’.
-From the author's Conclusion
もっと詳しく

研究社『スラスラ英文多読教室』


スラスラ英文多読教室 −−心ゆさぶる11の物語

『スラスラ英文多読教室』――心ゆさぶる11の物語

安河内哲也、ミッキー・エイコーン
ISBN 978-4-327-76478-4 C7082
定価1,575円(本体1,500円+税)
A5判 並製 音声ダウンロード 210頁
刊行年 2013年12月


楽しむだけで英文読解が得意になる方法教えます!
読解力&成績アップの決め手は「多読」だった!
感動と涙、そしてページをめくる手がとまらない!もっと詳しく

彩流社『本当はエロいシェイクスピア EROTICISM IN SHAKESPEARE』


本当はエロいシェイクスピア (フィギュール彩)

フィギュール彩 8
本当はエロいシェイクスピア EROTICISM IN SHAKESPEARE

小野 俊太郎
四六判 / 176ページ / 並製
定価: 1700 + 税
ISBN978-4-7791-7008-9 C0398
発行年月:2013年12月

内容紹介

多くの道徳的な訓話を生み出してきたイギリス文学史上、いや、世界文学史上もっとも
広く読まれている古典は、こんなにも「男性装」や「レイプ」「ベッドトリック」「覗き」など
「エロい」部分に満ちていた!
多くの識者があえて語るのをためらい、避けてきたシェイクスピアの真実を、
没後400周年が近づいた今、白日の下にさらしてみようじゃないか!
人間の「下部」構造から読む、大人のためのシェイクスピア、いざ、開幕!
もっと詳しく

渓水社『現代英詩を読む-エリオット、オウェン、ラーキンの作品を中心に-』


現代英詩を読む―エリオット、オウェン、ラーキンの作品を中心に

中元初美
A5判
188頁
2,625(本体2,500+税)円
2013年9月20日
ISBN978-4-86327-231-6

英国詩人T.S.エリオット、フィリップ・ラーキン、ウィルフレッド・オウェン、3人の詩人についての小論集。

2013年6月刊行

・研究社『英文ライティングと引用の作法』

研究社『英文ライティングと引用の作法』



英文ライティングと引用の作法 −−盗用と言われないための英文指導

『英文ライティングと引用の作法』――盗用と言われないための英文指導
「引用と盗用研究」に基づく英文ライティングの指導書


吉村富美子
ISBN 978-4-327-41084-1 C3082
定価2,310円(本体2,200円+税)
A5判 並製 178頁
2013年6月刊行


 インターネットからの「コピペ」問題など、昨今、日本の大学でも身近な問題となってきた「盗用」の問題。本書では、英語圏の研究社会における「引用」と「盗用」の考え方を紹介するとともに、日本人英語学習者にとって避けることが難しい「表現の盗用」や「パッチワーク文」の指摘を受けないためにどのように英文指導を行ったらよいのかについて、具体的なカリキュラム案とともに示す。

もっと詳しく

研究社『英語構文全解説』



英語構文全解説 --The Perfect Study on ENGLISH SENTENCE STRUCTURES



『英語構文全解説』
The Perfect Study on ENGLISH SENTENCE STRUCTURES

山口俊治
ISBN 978-4-327-45255-1 C0082
定価2,625円(本体2,500円+税)
A5判 上製 696頁
2013年5月刊行


あの幻の名著が改訂版で大復活する!

「幻の名参考書」と呼ばれ、絶版になって以後もカリスマ的な人気を集めている山口俊治先生による英語参考書の最高傑作『コンプリート高校英語構文』を、内容もそのままによみがえらせ、大幅な加筆によってさらに完成度を高め、英語構文における最高峰の参考書として復活させた。盤石な英語力をつけたい人のために、学習用にも構文事典としても活用できるオールマイティな1冊。
もっと詳しく

研究社『「ジョンブルとアンクルサム」―イギリス英語とアメリカ英語』



ジョンブルとアンクルサム --イギリス英語とアメリカ英語

英語の多様性を知る



野村恵造
ISBN 978-4-327-49022-5 C0082
定価1,575円(本体1,500円+税)
四六判 並製 188頁
2013年5月刊行

英語の2大変種であるイギリス英語(全10章)とアメリカ英語(全30章)のそれぞれの国内の地域差・階層差,および,イギリス英語とアメリカ英語の関係史について,章ごとに一つのテーマにしぼり,単なるエッセイではなく,専門的にならないよう配慮もしながら,英語学習にプラスとなる情報を盛り込んだ読本。Daily Yomiuri (4月より The Japan News に紙名変更)で好評連載中のコラムの単行本化。

もっと詳しく

2013年5月刊行

・研究社『英語構文全解説』
・研究社『「ジョンブルとアンクルサム」―イギリス英語とアメリカ英語』
・研究社『秘書の英語〈実務ハンドブック〉』

研究社『秘書の英語〈実務ハンドブック〉』


秘書の英語〈実務ハンドブック〉


現場で求められる「英語力」とは?

西 真理子
ISBN 978-4-327-43080-1 C2082
定価1,890円(本体1,800円+税)
A5判 並製 202頁
2013年5月刊行

外資系企業数社で役員秘書(エグゼクティブアシスタント)を務めた著者は、英語圏への留学や就業経験はゼロだが、日本人として初めて米国公認秘書検定(1995年)、および米国上級秘書検定(2002年)に合格。本書では、その豊富な経験を通して、秘書に必要なスキルやテクニック、勘どころを惜しげもなく披露する。簿記会計の知識や英文履歴書、英語の勉強法などにも触れる。28の貴重な「体験コラム」付き。もっと詳しく

世界文化社『本当に「英語を話したい」キミへ』

本当に「英語を話したい」キミへ [単行本(ソフトカバー)] / 川島 永嗣 (著); 世界文化社 (刊)

本当に「英語を話したい」キミへ [単行本(ソフトカバー)] / 川島 永嗣 (著); 世界文化...

外国語はどうやったら身につくのか……7か国語を解する日本を代表するGKが、
自身の経験から“はじめの一歩"を踏み出したいあなたへ秘訣を伝授!

日本を代表するGKの川島永嗣。
現在、ベルギーのスタンダール・リエージュに所属する彼は、
外国メディアのインタビューの受け答えを流暢な英語で難なくこなし、
生活する地域に合わせてオランダ語、フランス語なども使い分ける。
日本語を含め実に7か国語を解するスマートな川島――。
だが、意外にも彼は“まったく英語が話せない"いわばゼロ地点から
スタートした男でもあった。川島はどうやって話せるようになったのか、
どんな勉強をしたのか……。まったくノウハウを知らず、
自分流のスタイルで現在のスキルまで高めた彼の軌跡を知れば
「自分にもできる」という希望が湧いてくる。
外国語習得から垣間見える彼流の生き方も一読の価値あり。
もっと詳しく
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。